悩み事 人間関係 心理カウンセラー 札幌 カウンセリング 札幌

相手に抱いた「嫌い」を「好き」に変えるコツがあるのと同様に、相手が自分に抱いた「嫌い」を「好き」に変えるコツもあります。

確かに難しそうに思えますが、そんな一見不可能かと思われるのにいい方法があります。

人は他人から親切にされると、何かその人にお返しをしないと気がすまない感情になります。

これを「好意の返報性」といいます。

金銭・物品などに限らず、「褒める」「好意を持つ」などのプラスの感情に対しても、それをお返ししたくなります。

またこの「反報性の法則」は「好意」だけではなく、「悪意」に対しても成り立ちます。

つまり、あなたが人に悪意を持ったり、人を嫌ったりすれば、相手もあなたに対して「悪意」を返してきます。

心の中で「この人嫌い」と思いながら、その人と接しているとそれが非言語的に相手に伝わってしまうのです。

先のブログにも書きましたが人間のコミュニケーションは、非言語的コミュニケーションは9割、言語的コミュニケションは1割とされていますが、ほとんどの人が言語的コミュニケーションを鍛えようとします。

ほんの1割にしかすぎないのにです。

非言語的コミュニケーションは本能的なもの(視覚、聴覚、触覚、味覚、臭覚)、いわゆる五感の作用によって得られた情報をもとに、相手を瞬時に「好き」「嫌い」を判断させる非常に恐ろしいものです。

ですから、初対面の人には服装に始まりみだしなみ、香りなど視覚から入る情報、臭覚から入る情報など色々と気をつけなければ、初対面での好印象はありえません。

このように、非言語的コミュニケーションには十分気をつけるべきです。

相手が嫌いでも黙っていれば、わからないだろう。

表面上ニコニコしていれば大丈夫だろうと思うかもしれませんが、残念ながらそう上手くはいかないのです。

例え黙っていても、あなたが嫌う相手は、あなたに「嫌い」を返してくるのです。

このことを理解できれば、相手に対して「好き」で接するべきか「嫌い」で接するべきかは歴然としてきます。

「嫌い」の感情を抱いている人と接しても百害あって一利なしなのです。

また、好意の反報性は非常に普遍的な心理法則です。

全ての人に効果があるからです。

重要なのは、最初に「好意」を差し出すのは自分でなければならないということです。

言うのは簡単ですが、これがとても難しいです。

なぜならば、既に泥沼の関係になっているということは、「悪意」と「悪意」のキャッチボールをしている「悪意の反報性」にはまっている状態だからです。

そのような中で、いきなり「好意」を投げるのは、相当の勇気と思い切りが必要になります。

しかし、「好意の反報性」理解し、努力することにより、簡単に覆すことは可能です。

理論上は分かったけれども、やっぱり既に険悪な人間関係を修復するのは難しいとほとんどの方が思っているのではないでしょうか。

既に何か月、何年もの間に出来上がった、心の溝や険悪な人間関係はちょっと好意を出したからといったくらいでは、修復することは不可能です。

一番大切なのはコミュニケーションの量を増やすことです。

長年、険悪の仲であった2人がじっくり話し合ったら、意外といい人だったと気づくこともあります。

「嫌い」は「回避」に繋がります。

へんとう体が「嫌い」のラベリングをすると、「その人とは会いたくない」「その人と話したくない」という感情を引き起こします。

そのため、嫌いな人とのコミュニケーションが圧倒的に少なくなってしまいます。

結果として、相手に対する情報量、相手に対して知っていることは極端に少なくなります。

その人が意外な長所を持っていたとしても、それを知りえなければ「好き」になるきっかけが得られません。

相手に対する情報を多く得ることができれば、知らなかった相手の良さに気が付くことができ、相手に対する好意はアップするかもしれません。

若しくは、相手に自分を知ってもらうことで、相手の好意度が上がることもあります。

そのためにもコミュニケーションの量を増やすことがとても大切になります。

コミュニケーションの量を増やすのはそんなに難しくはありません。

「あいさつする」「雑談する」「聞く」が実践できれば、立派なコミュニケーションです。

デール・カーネギーが「人に好意を持たれたければ、誰に対してもあいさつをすることだ。あいさつほど、簡単でたやすいコミュニケーション方法はない」

と言っています。

あいさつは、コミュニケーションの入り口です。

あいさつすらできない人と親しくなるのは、無理だということです。

コミュニケーションはまず、あいさつから。

あいさつとは心理学的にいえば「私はあなたに対して心を開いていますよ」というサインです。

ですから、あいさつは人間関係の第一歩になります。

ある人と仲良くなりたければ、きちんとあいさつをしましょう。

できれば笑顔であれば言うことなしです。

それをされて嫌な気分になる人はいないと思います。

笑顔でお互いにあいさつをする、これがコミュニケーションのスタートです。

あいさつが終われば次のステップです。

自然な流れとしては「雑談」がコミュニケーションを高める簡単な方法です。

雑談の重要なポイントは、雑談を通して「相手との共通点を見つけ出す」ことです。

人間、どんな些細なことでも話題に共通点があったり、共通の趣味があれば嬉しいものです。

悩む必要はありません。

自分が好きなことを単純な単語で並べてみます。

札幌出身、日ハムファン、スープカレーが好き、旅行が好き、パチンコが好きなど誰でも必ずあります。

そこから、共通の話題を引き出していけば「共感」が生まれます。

お互いの共通点を意識しながら日々雑談をしていくと、ギクシャクした人間関係も収まるものです。

相手と自分の「好きなこと」「好きなもの」「共通点」について話すだけで、人間関係は好転します。

自分の好きなこと、好きなものについて話すことは楽しいからです。

恒常的な楽しいの積み重ねが嫌いを好きに変える原動力になります。

「聞く耳を持たない」という言葉があります。

人間は自分の嫌いな人に対して「聞く耳を持たない」傾向があります。

対面していて、話しを聞いているつもりでも右から左に抜けてしまうようなことがあります。

大切なのは「聞く姿勢=傾聴」です。

しっかりと聞くことによって同じ会話からもより多くの情報が得られるようになります。

コミュニケーションの技術ですが、自分が話すのは2、相手が話すのを8と意識しましょう。

いくら共通の話題とはいえ、マシンガントークをされて嬉しい人はいません。

せっかくの共通の話題も台無しになってしまいます。

人間は、聞くより、話す方が好きですから相手により多く話しをしてもらいます。

刑事の誓いの一つに「話し上手より聞き上手になれ」~これがわれわれの技術である。

というのがあります。

つまり、良好なコミュニケーションのためには、相手によく話してもらいそこから「共感」できるものを探します。

それができれば、次はこちらから簡潔に話題を振ったり、「質問」をしていきます。

これを繰り返すことによって「近親感」がわき、心を開いて話してくれるようになります。

このことは、自分を受け止めてくれたという「承認欲求」が満たされたことになります。

その反対が「話しをないがしろにされた」状況です。

一生懸命話しているのに相手がそれをきちんと受け止めてくれない場合です。

非常に強いマイナスイメージを持ちます。

ですから、「聞く」事をたいせつにしてください。

それだけでも、人間関係はかなり改善されます。

SNSでもご購読できます。