うつ病

一人でいると辛くなる 子育て 親子関係 失恋 離婚 仕事の悩み 不登校 イライラ感 夜寝れない 今まで楽しめたことが楽しめれない DV うつ病 躁病 引きこもり 反抗期 札幌 カウンセリング

一人でいると辛くなる 子育て、親子関係、失恋、離婚、仕事の悩み、不登校、イライラ感、夜寝れない、今まで楽しめたことが楽しめれない、DV、うつ病、躁病、引きこもり、パニック障害、反抗期など様々なお悩みに対応させていただいています。

私に話をしていただけませんか?

ただいま、開業キャンペーン実施中で通常50分2980円のところ、先着100名様に限り、永年500引きの2480円で50分のカウンセリングを受けることができます。

※当カウンセリングは業界最安値です。

また、初回無料ですのでお気軽にアクセスしてください。

カウンセリングは相性が大切ですので、お気に召さなければお気軽に初回だけでもかまいません。

引きこもりの方や、パニック障害をお持ちの方で外出が困難な方には電話相談も実施しております。
090-6442-5201(10分無料で、以後15分に1000円です)

さらに訪問カウンセリングも行っております。

上記カウンセリング料金に交通費として1000円加算させていただいた料金です。

今なら2480円+1000円の3480円で50分の訪問カウンセリングを受けることができます。

※ 開業記念の特別キャンペーンですので、100名様を過ぎた段階で通常料金とさせていただきます。
  ご検討中の方はお急ぎください。

電話に抵抗のある方は、メールでも受け付けております。

うつ病 心理カウンセラー うつ病カウンセリング 札幌 カウンセリング

ゆううつで、気持ちが晴れない、気分が落ち込んだ状態です。

ご本人様の声や話し方や表情(辛そうな表情)、以前と比べて明らかに元気のない様子から、身近にいる人は異変に気が付くことがあります。

抑うつ的な気分は1日を通して波がある場合が多く、一般的に朝が一番調子が悪く、夕方から夜にかけて気分が少し楽になるといった日内変動を特徴とします。

また、近年「仮面うつ病」といった抑うつ気分を発症しないで身体症状に表れるという新しいうつもあります。

さらに、「若者」に多い傾向がある「非定形型うつ」は、従来のうつとは異なり、自分の好きなことに対しては積極的に遊ぶのですが、仕事となると体調の不備を訴えます。

従来のうつは、真面目な人が多く、「人様に弱音を吐くことはできない」「本当は辛いけど繕い顔を出している」など元気なふりをしています。

物事への関心や今まで興味があったものにも興味を持つことができない、喜びを感じれなくなるようになり、この状態まできてしまうとただ家の中で布団の中にもぐりこみ、ゴロゴロしている状態になってしまいます。

布団の中でゴロゴロしていても、寝ることはできません。辛いことが脳に焼きついてしまって、頭から離れることができなくなってしまい、ただ1つか2つの悩みを永遠と悩み続けるネガティブがネガティブをよぶといったとても
悪循環な状態に陥ってしまうのです。

まるで人が変わってしまったかのように、これまで仲のよかった友達とも「話したくない」と思うようになり、家でただ一人で活気なくぼんやりと過ごすのが特徴です。

また、うつ病の特徴として食欲が低下します。ご本人様は「何とかして食べなければ」と思い無理やり食べている状態です。まるで「砂を食べている感じ」と表現される方もいます。

偏食も多く見受けられます。栄養のバランスが崩れてしまい、逆に太ってしまう人もいます。

さらにうつ病の特徴として、夜寝れなくなることです。
1寝つきが悪い(寝付くのに30分以上かかる)
2中途覚醒が何回かある
3早朝覚醒(いつも起きる時間より1~2時間早く目が覚める)
4熟眠感がない(よーく寝た、スッキリしたなどがない)
睡眠ほど人間の体や心を休めてくれるものはありません。
睡眠は壊れてしまった細胞の修復も行います。

うつの方は、リラックスすることができず、興奮状態にあることから交感神経が常に優位になっています。

寝る場合は副交感神経を優位にしなければなりませんので、このスイッチの切り替えが重要です。

具体的には寝る前の2時間前から
1温めのお風呂に入る(40度以内)
熱いお風呂は心拍数を増大させて交感神経を刺激するので要注意です。
2TV、スマホ、DVDなどのブルーライトを浴びない。
目にとても刺激を与えるものなので、控えるようにする。
3寝室は真っ暗にする
豆電球もつけない
目を閉じていてもわずかに光が入りますので、真っ暗にすることをお勧めします。
を心がけましょう。

うつのさらに特徴を述べていきます。

1「頭の回転が悪くなる」
2「集中力の低下」
3「決断力の低下」
4「動作の低下」
があげられます。
頭の回転が、病気になる前に比べて抑制されます。普段の自分であれば何てことはないことに対しても、考え込んでしまったり、普段であればごく普通にできた集中力も低下、さらには決断力も低下してしまいます。

そんな自分に自信がなくなり、「死んでしまいたい」「消えたい」と思うようになります。

うつとはそのような病気であることをしっかりと本人に伝える必要がありますし、早期治療をすれ90パーセントの人が治って、元の自分を取り戻しごくごく普通に社会生活を送っています。

残り10パーセントの方は残念ながら難治性の高いうつで、10年20年と病気とともに生きてきかなければなりません。

この10パーセントに当たる人が
1初診が遅かった人
2病院だけではなく、カウンセリングをして自己の耐ストレス性を高めなかった人
が該当します。

そのようにならないように、うつの症状を正しく伝え、決して自分の能力が下がったわけではないことを伝え、早期治療をするメリットを伝え精神科受診と併せてカウンセリングを行う必要性を本人にお話ししてください。

病気がよくなれば、また元の自分の
「頭の回転が速くなる」
「集中力がアップ」
「決断力のアップ」
「てきぱきとした動作」
に戻ることができます。

うつ病の「焦燥感や不安感」

うつ病の特徴として焦燥感や不安感があります。

過去の出来事(過去)、起きてもいないこと(未来)に対しての不安が恐怖となって襲いかかってきます。

この段階で、「過去の出来事は絶対に誰にも取り返しがつかないものである」とか「未来のことは絶対誰にも分からない」と正論を言っても効果がありません。

ただ後悔している、将来に対する不安に縛られている状態です。

この歪んだ考え方を一つ一つ紐解いていく必要があります。

絶対にできないものを悩んだり、それに対して何か良い方法はないかと考えるのは非常にストレスフルで取り越し苦労です。

このような絶対にできないことに対して、イライラや焦燥感に支配されてしまってはもったいない話です。

症状で「月曜のことを考えるだけで不安で仕方がない」「会社で何を言われるか心配だ」など未来のことを考えても決して答えは出ません。

さらにうつ病の特徴として、「自責の念」があります。

理由なく自分を責めてしまったり、人様からみれば些細なことも自分にとっては大きな出来事として捉え、そこでくよくよしてしまう人もいます。

そんな中で、自分は「世の中に要らない人間だ」などと悲観的に考えてしまうのです。

うつ病の特徴として、希死念慮(きしねんりょ)というものがあります。

生きている1分1秒がとにかく辛く、死んだら楽になるのではないかという考えです。

「死にたい」「消えたてしまいたい」、そんなことが頭の中を横切ります。

言うまでもなく、うつ病で一番気をつけなければならないのが「自殺」です。

自殺は1998年から2011年まで3万人を超えるという異常事態が続いていました。

2012年以降は3万人を割っていますが、それでも数万人という方が尊い命を自ら絶ってしまってしまているのが現状です。

また、自殺者の約7割が精神科やカウンセリングなどを受けていなかったこともわかっています。

きっと、お悩みを誰にも相談することなく、お一人でお辛い悩みを抱えながら自殺したかと思うと、こちらも本当に辛い思いになります。

早めのカウンセリング受診をお勧めします。

うつ病回復時期の方は自宅では
1規則正しい生活をする
 22時には寝て朝7時に起きる
 起きたらカーテンを開けて、朝日を浴びましょう
 幸せホルモンセロトニンが分泌されます
 うつ病はこのセロトニンが枯渇してしまったときに発症すると言われています。
 同時に眠気を催すメラトニンも朝日を浴びてから14時間から16時間後に分泌されます。
 つまり、あさ7時におきて太陽の光を浴びると22時くらいにはメラトニンが分泌され、眠くなります
 上記に述べたとおり、2時間前の20時からは交感神経を副交感神経に切り替える時間を作ってください。
 さらに、外に出て30分程度の多少汗ばむ有酸素運動(ウィオーキング)をしましょう。
 セロトニンが活発に分泌されます。
 このセロトニンが分泌されるのは9時くらいまでの日光ですので気をつけてください。
2有酸素運動を1時間、週に2回でもいいのでやる
 運動は薬と同等かそれ以上の効果があるといわれています。
 できれば毎日行うのが良いですが、続きませんので、週に2回1時間以上のウォーキングをしましょう。

うつ病の特徴 心理カウンセラー うつ病カウンセリング 札幌 カウンセリング

当カウンセリング機関では、うつ病又は抑うつ状態の方に積極的なカウンセリングを行い社会復帰に向けて最善のカウンセリングをご提供します。
私自信もうつの経験があり、うつ病を患っていらっしゃる方の気持ちが非常によくわかります。
また、そのような光景を日々見守っているご家族様も非常に辛い思いをされているかとお察しします。
一刻も早く治療を受け、(病院だけでは足りません、カウンセリングが必要です)本来のご自身になられますよう心から祈願します。

うつ病の特徴
1気分が重苦しい、泣きたくなる。
2いつもなら楽しいことが、気が進まない、やる気が出ない。
3食事がおいしくない、「食べなければならないのはわかっている」が、食欲がわいてこない
4ちょっとしたことで不安になり、いてもたってもどうにもできなくなる。逆にイライラする方もいます
5物事をネガティブに考えるクセがついてしまっている。
6いつもより早く目が覚めて、その後寝ることができない、熟睡感がない、中途覚醒をする、寝つきも悪い。日中はだるいのに寝れなく、ただ布団でゴロゴロしている。
7着替えや身づくろいが面倒になってすることができない
8身体症状も伴う場合が多い(頭痛、だるさ、耳鳴り、息苦しさなど)
9体がずっとだるくて、寝ても治らない
10人の話や活字(本や新聞)を読んでも頭に入ってこない
11自分のことなんてどうでもいい、消えてしまいたい、死にたいなど
12夕方から夜にかけて、少し気が楽になる。

全ての人に当てはまるかというとそうではありませんが、一般的にこのような症状が出ます。
私の場合は上記全てに当てはまりました。

しかし、ご安心ください。

病院の治療とカウンセリング(本人のうつになりやすい物の捉えかたの歪みを矯正)を行うことで90パーセントの人が回復しています。
確かにカウンセリングの料金はご負担になるかもしれませんが、うつ病は再発すれば再発するほど、通院歴が長くなってしまった人が残念ながら治らない残りの10パーセントに入ってしまうのです。

うつ病の簡易検査 うつ病カウンセリング 心理カウンセラー 札幌 カウンセリング 札幌

1体がだるくつかれやすいですか?
2騒音が気になりますか?
3最近気が沈んだり、気が重くなったりしたことはありませんか?
4音楽を聴いて楽しいですか?
5朝、調子悪く無気力になりませんか?
6議論に熱中できますか?
7首筋や肩こりがひどくないですか?
8眠れないで朝早く起きたり、また、夜中に目が覚めることがありますか?
9頭痛もちですか?
10事故や怪我をしやすいですか?
11食事がすすまず味がないですか?
12テレビを観ていて楽しいですか?
13息が詰まって胸苦しくなることがありますか?
14のどの奥に何か物がつっかえている感じはありますか?
15自分の人生がつまらないもだと感じますか?
16本来は仕事熱心で几帳面ですか?
17以前にも現在と同じ経験をしたことがありますか?
18仕事の能率があがらず、何をするのもおっくうですか?

以上に6か所以上あてはまれば、「抑うつ」の黄色信号です。

うつ病カウンセリング 心理心理カウンセラー 札幌 カウンセリング 札幌

うつ病に関しては、ブログに色々と書いてきました。

1 うつ病発生のメカニズム
  ストレス要因(環境)があり、そこに個人の耐ストレス性が弱いことによって起こされます。
  同じ環境下においてもストレスにさらされても、うつになる人とならない人がいます。
2 うつ病の特徴
  朝弱く、夕方から夜にかけて気分が楽になってくる傾向があります。
  また、食欲低下、意欲低下、不安感が強くなる、などの精神的なものや身体症状も現れることがあります。
3 投薬による治療
  精神科に行き、うつ病と診断されれば投薬治療が始まります。
  一昔前では三環系や四環系といった薬が処方されましたが、副作用が大きいものでした。
  現在はSSRI、SNRIといったものが主流で、脳内に分泌されたセロトニンが再度取り込まれるのをブロックし、セロトニンの量を減らさないようにする薬が主流です。
4 休息  
  うつ病は休息することが一番大切です。
  働いたいる方は、迷惑をかけられないといい、退院を申し出ますが「焦り」は禁物です。
  なぜならば、うつ病は再発率がとても高い病気であるからです。
5 退院後
  自宅療養をします。
  ここでゴロゴロして不規則な生活をしてはいけません
(1)規則正しい生活をする
   朝は7時に起きます。夜は10時には寝ます。
(2)朝起きたらとても大事な仕事があります。
   それは太陽の光を浴びることです。
   感情をコントロールするセロトニンは朝にしか分泌されません。
   「癒し」のホルモンですから是非太陽の光を浴びてほしいです。
   最初は、家の中の窓越しに椅子でも置いて日向ぼっこでも構いません。
   慣れてくると、外に出て30分散歩をします。
   そのうち、朝のすがすがしい空気や光が心地よくなってきます。
   また、眠気を催すメラトニンも太陽の光を浴びてから14~16時間後に分泌されます。
   夜10時に寝たければ、逆算して朝は6時から8時の間に太陽の光を浴びていないと眠気がきません。
(3)有酸素運動
   日中辛ければ、活動性の高い夕方に再び外に出ます。
   「はーはー」と息が少し切れるくらいのウォーキングを30分します。
   近年の研究で、有酸素運動は薬物療法と同等かそれ以上の効果が期待できるとされています。
   また、体的にも脂肪を燃焼させるなど、良いことばかりです。
   走る必要はありません。
   早歩きを心がけてください。
(4)ノート療法
   寝る前に今日一日を通して、ネガティブだったことを左のページに、ポジティブにできたことを右のページに書いていきます。
   これを毎日してみてください。
   数か月経過してノートを振り返ってください。
   不安に思ったことは現実に起きていないことがわかります。
   ある統計によると不安の9割は現実化されないという興味深いものがあります。
(5)カウンセリング
   ここまで来たら、病院の薬だけには頼らず自力で治していく努力をします。
   カウンセリングはそのためにあるようなものです。
   病院は混雑しており、決められた時間内に全員診なければなりませんので、ほとんどが30分以内診察です。
   当カウンセリングは、カウンセリングに最適とされる50分を確保しております。
   病院で話すことができなかったことをしっかりと話してください。
   患者様がいち早く薬から脱出できるようアドバイスをしていきます。

   

うつ病の特徴  心理カウンセラー 札幌 カウンセリング 札幌

抑うつ的で悲観感情が見られ、思考内容は自責的で時に他罰的です。

主な症状として、活動性が低下、意欲の低下、食欲の低下、体重の減少などがあげられます。

全般的には朝状態が悪く、夕方ころに少し気分が楽になるといった症状の変化が見られることがあります。

うつ病カウンセリング 心理カウンセラー 札幌 カウンセリング 札幌

1規則正しい生活をする
 朝弱く、夕方から楽になってくるためついつい夜更かししがち。
2毎日朝7時に起きて、ウォーキングをする。
 これは本当に治したいという自己努力がないとできません。
 太陽の光を浴びることによりセロトニンという感情をコントロールする癒しのホルモンが分泌される
 また、同時に14~16時間後に眠気を催すメラトニンも分泌させる。
3ここまでできれば、日中はゴロゴロしていてもかまわないですが、寝てはいけません。
4夜は10時までに寝ましょう。
慣れてくると、日中
5有酸素運動 
 30分くらいの多少汗ばむ程度の運動(軽いジョギングやウォーキング)をしましょう。
有酸素運動は薬と同等かそれ以上の効果があると言われています。

会社でうつ病になった うつ病カウンセリング 心理カウンセラー 札幌 カウンセリング 札幌

メンタル疾患になってしまった人はその正しい原因を理解していません。

うつ病を治すためには、原因や自分の行動パターン、ストレスになりやすいものを突き詰めて考える必要があります。

うつ病は再発すればするほど治りづらくなります。

会社でうつ病になったのであれば、「人間関係」「仕事の量や質」「適合しない部署への配置」「時間外勤務が長すぎる」等があるかと思いますが、これが改善されない限り復職しても再発してしまいます。

会社で対策をしてもらえないのであれば、今の仕事が自分に意味があり自己満足を得ることができるかどうかを考える必要があります。

体を壊してしまえばどうしょうもありません。

過労死や自殺に繋がる危険性があります。

うつ病と自殺 心理カウンセラー 札幌 カウンセリング 札幌

警察官として24年も務めると数多くの自殺現場に行きました。

首吊り、飛び降り、水死、焼死など本当に辛い思いをしました。

自殺者は1998年から2011年にかけて約3万人で推移しました。

2012年以降は3万人を割っています。

そのうち約7割以上の方が病院等で治療を受けていないこともわかっています。

「精神科受診」に高いハードルを持っているのでしょうか。

辛いときにはカウンセリングや病院に行くなど処置をとることが非常に大切です。

私がいつも言いますように、人間はネガティブがネガティブを呼ぶという悪循環を持っているからです。

どこかで断たなければなりませんが、この状態だと自力では無理です。

いち早い措置をとることをお勧めします。

うつ病カウンセリング 心理カウンセラー 札幌 カウンセリング 札幌

1規則正しい生活をする
 朝は遅くとも8時には起きます。
2起きたら、30分のウォーキングです。
 太陽の光を浴びることにより、セロトニンが分泌されます(同時に、14~16時間後に眠たくさせる物質メラトニンも分泌させます)
 これは早朝だけなので、朝の散歩を習慣にします。
3有酸素運動をする
 多少汗ばむ程度のウォーキングなどを30分を週に二回はします。
4温めのお風呂に入ります
 リラックス効果があります。
 熱いのは心拍数を上げて、興奮状態になりますので避けます
5寝る前のブルーライト(TV、DVD、スマホ)は避けます
6夜更かしをしないで寝る

1~6を習慣にします。