コミュニケーション

仲間 笑顔 大切さ 心理カウンセラー 札幌 カウンセリング  札幌

仲間を持つだけで苦しい気持ちは緩和されます。

それはみなさんも何となくそうだなと感じている方も多いと思います。

親しい仲間から離し、見知らぬ動物同士を一緒に入れて心理的ストレスを観察したという実験があります。

若いサルを新しい環境に1匹置いた場合は、大きなストレスがかかるのに対し、数匹を一緒に入れた場合はストレスがあまり見受けられません。

また、心筋梗塞とうつ病を併発している患者の中で、社会的な支援(ソーシャルサポート)がない人は、ある人に比べて心筋梗塞によって死亡する確率が3~4倍高くなるという研究結果もあるそうです。

「仲間がいる」ただそれだけで、心強さを感じることができます。

ある学者が試験中の女子大学生を調査した結果、友人の少ない女子学生の喫煙量は、友人の多い学生に比べ平均で54パーセント増加していました。

飲酒は、孤独な学生では平均に比べ約20パーセント増加したのに対して、友人と過ごす機会が多い学生では約17パーセント減少したそうです。

このことは、「友人」がストレスの緩和になっていることを示しています。

仲間からの支援が得られる状態は、生物学的にストレスを減らすことは間違いなさそうです。

あなたの「親しい友人」を3人想像してください。

その3人が全て職場の仲間や仕事関係の友人だった場合は要注意です。

会社にリストラされたり、転職した経験のある方は思い当たることがあるかと思います。

毎日のように飲みに行き、日々語り合い当時は「親友」だと思っていた職場の仲間たちから、会社を辞めた途端に電話もメールもラインも来なくなるという現状です。

私も転職してからは、職場の人とは一切連絡していません。

あなたが本当に深い友情を求めて職場の人と「仲間」になっているのであれば、それはすばらしいことです。

しかし、そういう友人に上司と人間関係が上手くいっていないことや、会社を辞めようと思っていることを相談すことができるでしょうか。

恐らくためらうと思います。

他の人の耳に入ったら大変と思うと、職場の友人関係だからこそ相談できないジレンマに陥ります。

職場の友人を否定するわけではありません。

問題なのは、職場にしか友人がいないことです。

職場、学校、地域以外のニュートラルな関係、利害関係が一切ない場で知り合った友達が非常に大切です。

例えば、「趣味のサークル」「習いごと」「スポーツ同好会」などです。

このニュートラルに知り合った友人は気兼ねせずに話をすることができます。

これは大きなメリットですので、ぜひ活用したいところです。

相手の職業や住所がわからない、インターネットであれば匿名ですがそれらが人間関係を薄くさせているかというと、そうではありません。

もし、会社のことを話しても会社の上司に伝わることは絶対にないので、かえって気楽に色々なことを相談できるということもあります。

友人や仲間は一点に集中するのではなく、バラエティに富んでいた方が自由度があり、その方がいいのです。

フェイスブックやツイッターなどSNSを上手に使えば、趣味、興味、出身地など共通点のある人と簡単に出会うことができます。

しかし、苦しい状態になると、誰とも会いたくない、一人でいたいという気持ちが強まります。

人と会うには意外とエネルギーが必要です。

「苦しい」状況に陥ると、そのエネルギーも乏しくなり、人と会いたくなくなってしまうのです。

人と会いたくないときに、無理に会う必要はありません。

相手に変な気を遣ってしまい、余計に疲れてしまいます。

しかし、人と会いたくない状態が長引いてしまうのは好ましいことではありません。

いつの間にか「孤独」に陥ってしまい、「苦しさ」をひとりで背負うことになるからです。

本来なら「話す」「相談する」ことによって解消できる苦しさが対処不能なレベルまで大きくなってしまうこともあります。

孤立、孤独は苦しいの増強要素です。

この状態に陥ると本来の苦しさが何倍も大きくなってしまいます。

ですから、人と会いたくない「苦しい」状態でも人との繋がりを意識する。

友達や仲間に弱音を吐く、話しを聞いてもらうことをこころがけてほしいです。

カウンセリングの目的もここにあります。

一人で悩んでいると不安や苦しさがどんどん大きくなって、うつ病などの精神疾患につばがる恐れがあるからです。

人に話しを聞いてもらう、相談することにより不安や苦しさは軽減されます。

これを上手く活用していただきたいのです。

次に笑うことの重要性について述べます。

先のブログにも書きましたが、「笑う」は神が人間にくれた最高のプレゼントだと思います。

笑えば、気分爽快になります。

逆にしかめっ面をしているとモチベーションはなかなか上がりません。

心理学者ウィリアム・ジェームズは

「楽しいから笑うのではない。笑うから楽しいのだ。」

と言っています。

人間苦しいときは、苦しい表情になります。

そこをあえて笑顔にします。

不思議と明るい気分になってきます。

これは根拠があり、行動が先か、感情が先かということになりますが、心理学の実験で「感情よりも行動が先」であることが判明しました。

脳は、楽しいから笑顔を作ろうとしているわけではなく、「笑顔になったあとに楽しいという感情」が出てきます。

笑顔を作ると3種類の脳内物質が分泌されます。

1つは癒しの脳内物質のセロトニン。
 
セロトニンは顔の表情を作る筋肉も調整しています。

逆に自然な笑顔を作るだけで、セロトニンの分泌は上がります。

2つ目は幸福物質のドーパミンです。

ドーパミンが分泌されると、「楽しい」「幸せな」気持ちになります。

3つ目が脳内麻薬エンドロフィンです。

エンドロフィンはドーパミンの数十倍の幸福ホルモンです。

「感謝」「感動」など幸福感が最高レベルに達します。

さらに、笑顔にはストレスホルモンであるコルチゾールの働きを抑制し、血圧や血糖値も下げます。

感情を抑えるうえで、一番楽で、手っ取り早いのは「笑顔」を作ることをお話ししました。

ある研究によると被験者にある表情を作ってもらったときの、心拍数、体温、肌の電気信号、筋肉の緊張などを機械で測定し、記録しました。

次に「笑顔」「恐怖」「怒り」の3つの表情をしてもらいます。

その後、顔の変化は作らず、心の中で「笑顔」「恐怖」「怒り」の表情を思い出してもらいます。

その結果、笑顔を作ると、わずか10秒で安心しているときと同様な身体的変化が出ました。

安心したときの変化とは、心拍数が低下し、筋肉も弛緩したり、リラックス状態になることです。

つまり「笑顔」の表情を作るだけで、副交感神経(リラックスの神経=夜寝るときに優位になる神経)が優位になったのです。

一方、笑顔を作っているのを心の中で想像するのも同様な観察を得ることができました。

しかし、効果が出るまでに30秒かかったそうです。

実際に表情を出してもらったときは10秒ですから、笑顔を作ることはいかに凄いことかがわかります。

これほど簡単で効果が早く、感情を元に戻す方法はありません。

最強ともいえるでしょう。

しかし、「苦しい」「不安」「緊張」のネガティブな感情に支配されている状態では笑顔を作ることは簡単でありません。

そのためにも、普段から笑顔をつくるトレーニングをすることが重要です。

髭を剃るとき、化粧をするときなど鏡をみるときが毎日あると思いますが、そのときに笑顔をつくってみてください。

毎日、毎日の積み重ねが先ほど述べたセロトニン、ドーパミン、エンドロフィンの脳内三大幸せホルモンの分泌に繋がっていきます。

悩み事 人間関係 心理カウンセラー 札幌 カウンセリング 札幌

相手に抱いた「嫌い」を「好き」に変えるコツがあるのと同様に、相手が自分に抱いた「嫌い」を「好き」に変えるコツもあります。

確かに難しそうに思えますが、そんな一見不可能かと思われるのにいい方法があります。

人は他人から親切にされると、何かその人にお返しをしないと気がすまない感情になります。

これを「好意の返報性」といいます。

金銭・物品などに限らず、「褒める」「好意を持つ」などのプラスの感情に対しても、それをお返ししたくなります。

またこの「反報性の法則」は「好意」だけではなく、「悪意」に対しても成り立ちます。

つまり、あなたが人に悪意を持ったり、人を嫌ったりすれば、相手もあなたに対して「悪意」を返してきます。

心の中で「この人嫌い」と思いながら、その人と接しているとそれが非言語的に相手に伝わってしまうのです。

先のブログにも書きましたが人間のコミュニケーションは、非言語的コミュニケーションは9割、言語的コミュニケションは1割とされていますが、ほとんどの人が言語的コミュニケーションを鍛えようとします。

ほんの1割にしかすぎないのにです。

非言語的コミュニケーションは本能的なもの(視覚、聴覚、触覚、味覚、臭覚)、いわゆる五感の作用によって得られた情報をもとに、相手を瞬時に「好き」「嫌い」を判断させる非常に恐ろしいものです。

ですから、初対面の人には服装に始まりみだしなみ、香りなど視覚から入る情報、臭覚から入る情報など色々と気をつけなければ、初対面での好印象はありえません。

このように、非言語的コミュニケーションには十分気をつけるべきです。

相手が嫌いでも黙っていれば、わからないだろう。

表面上ニコニコしていれば大丈夫だろうと思うかもしれませんが、残念ながらそう上手くはいかないのです。

例え黙っていても、あなたが嫌う相手は、あなたに「嫌い」を返してくるのです。

このことを理解できれば、相手に対して「好き」で接するべきか「嫌い」で接するべきかは歴然としてきます。

「嫌い」の感情を抱いている人と接しても百害あって一利なしなのです。

また、好意の反報性は非常に普遍的な心理法則です。

全ての人に効果があるからです。

重要なのは、最初に「好意」を差し出すのは自分でなければならないということです。

言うのは簡単ですが、これがとても難しいです。

なぜならば、既に泥沼の関係になっているということは、「悪意」と「悪意」のキャッチボールをしている「悪意の反報性」にはまっている状態だからです。

そのような中で、いきなり「好意」を投げるのは、相当の勇気と思い切りが必要になります。

しかし、「好意の反報性」理解し、努力することにより、簡単に覆すことは可能です。

理論上は分かったけれども、やっぱり既に険悪な人間関係を修復するのは難しいとほとんどの方が思っているのではないでしょうか。

既に何か月、何年もの間に出来上がった、心の溝や険悪な人間関係はちょっと好意を出したからといったくらいでは、修復することは不可能です。

一番大切なのはコミュニケーションの量を増やすことです。

長年、険悪の仲であった2人がじっくり話し合ったら、意外といい人だったと気づくこともあります。

「嫌い」は「回避」に繋がります。

へんとう体が「嫌い」のラベリングをすると、「その人とは会いたくない」「その人と話したくない」という感情を引き起こします。

そのため、嫌いな人とのコミュニケーションが圧倒的に少なくなってしまいます。

結果として、相手に対する情報量、相手に対して知っていることは極端に少なくなります。

その人が意外な長所を持っていたとしても、それを知りえなければ「好き」になるきっかけが得られません。

相手に対する情報を多く得ることができれば、知らなかった相手の良さに気が付くことができ、相手に対する好意はアップするかもしれません。

若しくは、相手に自分を知ってもらうことで、相手の好意度が上がることもあります。

そのためにもコミュニケーションの量を増やすことがとても大切になります。

コミュニケーションの量を増やすのはそんなに難しくはありません。

「あいさつする」「雑談する」「聞く」が実践できれば、立派なコミュニケーションです。

デール・カーネギーが「人に好意を持たれたければ、誰に対してもあいさつをすることだ。あいさつほど、簡単でたやすいコミュニケーション方法はない」

と言っています。

あいさつは、コミュニケーションの入り口です。

あいさつすらできない人と親しくなるのは、無理だということです。

コミュニケーションはまず、あいさつから。

あいさつとは心理学的にいえば「私はあなたに対して心を開いていますよ」というサインです。

ですから、あいさつは人間関係の第一歩になります。

ある人と仲良くなりたければ、きちんとあいさつをしましょう。

できれば笑顔であれば言うことなしです。

それをされて嫌な気分になる人はいないと思います。

笑顔でお互いにあいさつをする、これがコミュニケーションのスタートです。

あいさつが終われば次のステップです。

自然な流れとしては「雑談」がコミュニケーションを高める簡単な方法です。

雑談の重要なポイントは、雑談を通して「相手との共通点を見つけ出す」ことです。

人間、どんな些細なことでも話題に共通点があったり、共通の趣味があれば嬉しいものです。

悩む必要はありません。

自分が好きなことを単純な単語で並べてみます。

札幌出身、日ハムファン、スープカレーが好き、旅行が好き、パチンコが好きなど誰でも必ずあります。

そこから、共通の話題を引き出していけば「共感」が生まれます。

お互いの共通点を意識しながら日々雑談をしていくと、ギクシャクした人間関係も収まるものです。

相手と自分の「好きなこと」「好きなもの」「共通点」について話すだけで、人間関係は好転します。

自分の好きなこと、好きなものについて話すことは楽しいからです。

恒常的な楽しいの積み重ねが嫌いを好きに変える原動力になります。

「聞く耳を持たない」という言葉があります。

人間は自分の嫌いな人に対して「聞く耳を持たない」傾向があります。

対面していて、話しを聞いているつもりでも右から左に抜けてしまうようなことがあります。

大切なのは「聞く姿勢=傾聴」です。

しっかりと聞くことによって同じ会話からもより多くの情報が得られるようになります。

コミュニケーションの技術ですが、自分が話すのは2、相手が話すのを8と意識しましょう。

いくら共通の話題とはいえ、マシンガントークをされて嬉しい人はいません。

せっかくの共通の話題も台無しになってしまいます。

人間は、聞くより、話す方が好きですから相手により多く話しをしてもらいます。

刑事の誓いの一つに「話し上手より聞き上手になれ」~これがわれわれの技術である。

というのがあります。

つまり、良好なコミュニケーションのためには、相手によく話してもらいそこから「共感」できるものを探します。

それができれば、次はこちらから簡潔に話題を振ったり、「質問」をしていきます。

これを繰り返すことによって「近親感」がわき、心を開いて話してくれるようになります。

このことは、自分を受け止めてくれたという「承認欲求」が満たされたことになります。

その反対が「話しをないがしろにされた」状況です。

一生懸命話しているのに相手がそれをきちんと受け止めてくれない場合です。

非常に強いマイナスイメージを持ちます。

ですから、「聞く」事をたいせつにしてください。

それだけでも、人間関係はかなり改善されます。

コミュニケーションを上達させる方法 心理カウンセラー 札幌 カウンセリング 札幌

人間関係を築くためにコミュニケーション力を身につけましょう

コミュニケーションは2つに分類されます。

1 言語的コミュニケーション
2 非言語的コミュニケーション

ほとんどの人が言語的コミュニケーションを鍛えようと頑張っていますが、相手に伝わる比率で言えば、言語的が1、非言語的が9と言われています。

非言語コミュニケーションは五感の作用(視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚、)、いわゆる本能的なものです。

相手はあなたが話している内容とともに、服装(視覚)、声や話し方(聴覚)、香り(臭覚)等を総合的に見られているということになります。

言語的には話す割合を自分2、相手8にしましょう。

警察時代の話になりますが「話し上手より聞き上手」~これがわれわれの技術である(刑事の誓いの一つ)というのがありました。

マシンガントークをされて、気持ちのいい人はいません。

相手の話を聞きだし「質問」することです。

相手は共感されたと思い、近親感を持ちます。

それを繰り返すことにより、信頼関係を得てあなたに本音を話してくれます。