不安の9割は起こらないという統計があります。

この一言で大分心が楽になります。

人間が不安で仕方がないときは「偏見的」なものの捕らえ方をしていることが多いです。

客観的に、論理的に考えることが大切です。

私が大事にしているニュートラルな考えです。

偏見的になっているのを戻し、客観的に考えるのは「ノート療法」がとても効果的です。

ノートとボールペンで左にネガティブなことを書き、右にポジティブなことを書いていきます。

後にそれを振り返ったときに、自分のかんがえの歪みに気が付くことができます。