脳科学

一人でいると辛くなる 子育て 親子関係 失恋 離婚 仕事の悩み 不登校 イライラ感 夜寝れない 今まで楽しめたことが楽しめれない DV うつ病 躁病 引きこもり 反抗期 札幌 カウンセリング

一人でいると辛くなる 子育て、親子関係、失恋、離婚、仕事の悩み、不登校、イライラ感、夜寝れない、今まで楽しめたことが楽しめれない、DV、うつ病、躁病、引きこもり、パニック障害、反抗期など様々なお悩みに対応させていただいています。

私に話をしていただけませんか?

ただいま、開業キャンペーン実施中で通常50分2980円のところ、先着100名様に限り、永年500引きの2480円で50分のカウンセリングを受けることができます。

※当カウンセリングは業界最安値です。

また、初回無料ですのでお気軽にアクセスしてください。

カウンセリングは相性が大切ですので、お気に召さなければお気軽に初回だけでもかまいません。

引きこもりの方や、パニック障害をお持ちの方で外出が困難な方には電話相談も実施しております。
090-6442-5201(10分無料で、以後15分に1000円です)

さらに訪問カウンセリングも行っております。

上記カウンセリング料金に交通費として1000円加算させていただいた料金です。

今なら2480円+1000円の3480円で50分の訪問カウンセリングを受けることができます。

※ 開業記念の特別キャンペーンですので、100名様を過ぎた段階で通常料金とさせていただきます。
  ご検討中の方はお急ぎください。

電話に抵抗のある方は、メールでも受け付けております。

運動療法と休憩 心理カウンセラー 札幌 カウンセリング 札幌

「成長」ホルモンが子どもの成長に重要であることはご存知だと思います。

しかし、子どもだけではなく大人にも、特に中高年には非常に大切です。

成長ホルモンは細胞の活性を高め、新陳代謝を活発にさせます。

また、筋肉を作り骨も丈夫にします。

さらに脂肪を分解する働きもありますから、成長ホルモンが分泌されている人はいつまでも若く見えます。

20歳くらいまでは何もしなくても活発に分泌されていた成長ホルモンは年齢とともに分泌が悪くなってきます。

20代半ばでピーク時の10パーセントに減ってしまいます。

加齢とともに成長ホルモンが不足し、老化しやすくなります。

しかし、成長ホルモンを分泌させる方法があります。

「運動」と「睡眠」です。

30分以上の有酸素運動をすることで、成長ホルモンが分泌され身体の健康が維持されます。

反対に「運動不足」は多くの疾患の危険因子になり、あなたの健康を蝕んでいきます。

また、成長ホルモンには疲労回復効果もあるので、しっかり運動することで疲労回復することができます。

疲れをリセットする物質が成長ホルモンです。

成長ホルモンが一番分泌される時間は寝ているときです。

寝ているときの「ノンレム睡眠」、いわゆる深い眠りについているときに分泌されます。

運動とストレスの関係についてですが、ストレス研究で有名な生理学者ハンス・セリエの実験があります。

10匹のラットに「痛み」「雑音」「ショック」などのストレスを繰り返し与えると、これらのラットは、1か月足らずに全て死んだそうです。

同種のラットを事前に運動をさせてコンディションを上げてから同じストレスを与えたところ、1か月経っても1匹も死ななかったそうです。

この実験から、「運動」がストレス耐性を高めることがわかりました。

また、うつ病の治療方法に最近運動療法が注目されています。

デューク大学のうつ病に対する運動療法と薬物療法を比較した場合、運動療法に薬物療法と同等の効果があることがわかりました。

また、薬物療法の後にうつ病を再発した人の確立は38パーセントだったのに対して、運動療法をした人の再発率はわずか8パーセントでした。

運動は、セロトニン、ドーパミン、ノルアドレナリンという主要な脳内物質の放出を調整します。

薬は「毒」です。

どうしても使わなければならないときに、必要最小限度の薬を使うべきだと思います。

何となく病院に行って、「変わりありませんか?」「変わりありません」「では、1か月後にまた来てください」といった診察を受けていませんか?

病気を根本から治すためには、先にも述べたとおり、薬の必要がなくなれば「運動」によって治すことをお勧めします。

ダラダラと5年も10年も薬漬けにされてしまいますよ。

では、どのよな運動が良いのかを紹介します。

色々な専門家がさまざまな数字を出していますが、平均して「1回1時間以上、中強度の有酸素運動を週に2回以上やる」というものです。

有酸素運動とは、「酸素を取り込む、すなわち呼吸をしながら運動をする」ことです。

ウォーキング、ランニング、自転車こぎ、水泳などが挙げられるでしょう。

無酸素運動とは、短距離のダッシュや、筋トレなどです。

中強度とは、多少汗ばむ程度のことをいいます。

一日1時間の有酸素運動を毎日する必要ななく、週に2回できれば上出来です。

「7時間寝ても疲れがとれない」という方は、寝る前の時間の過し方に問題があるかもしれません。

昼の仕事モードでは交感神経が優位にたっている興奮モードです。

心と身体が非常に興奮した状態で仕事から帰ってきても、すぐに布団に入ってもなかなか寝付くことができません。

良い睡眠のためには、よい休養が必要です。

夜遅くまで残業し、家に着くと真夜中。

それから風呂に入ったり、ご飯を食べたりしてあとは寝るだけで、疲れもピーク。

このような寝方が最も疲れがとれない休息です。

内臓の機能を支配する交感神経と副交感神経は状況に応じて交感神経が優位になったり、副交感神経が優位になったり変化します。

交感神経は「昼の神経」とも呼ばれ、日中の活動的な時間帯に活発になります。

副交感神経は「夜の神経」です。

身体を緊張からときほぐし、休息、リラックスさせるように働く神経です。

私たちの身体は昼は戦闘モードとでもいうべき、交感神経が優位にたっています。

一方、夜は副交感神経が優位の状態に変わります。

1時間前にバリバリと仕事をしていたのをいきなりそれを急に変えようとしてもすぐには副交感神経が優位になることはありません。

交感神経が優位な状態から、副交感神経が優位な状態に切り替えないと寝れないのです。

そのためには、2時間程度のスイッチの交換タイムが必要になります。

副交感神経は日中の疲れた体や心を修理する役目を持っています。

交感神経は、脈拍や体温を上げ、発汗などを行い、身体が運動に適した状態にもっていく働きをします。

副交感神経は反対に、脈拍や体温を下げ発汗を抑える働きがあります。

各臓器の働きを下げ、身体を「休息モード」にします。

副交感神経が優位になると、免疫系の働きが高まり細胞修復が活発に行われます。

交感神経はアクセル、副交感神経はブレーキといえます。

交感神経が優位になっている状態で布団に入ることは、アクセルを踏みながら布団に入っているようなものです。

副交感神経が優位になっている時間を意識して作ることが大切です。

睡眠不足や寝る前の休息時間がとれないと、副交感神経が活躍できない状況にある。

そんな生活習慣が心や身体に悪影響を及ぼします。

私たちの心と身体の「健康」を維持するためには、「副交感神経」の働きが欠かせないのです。

睡眠中に副交感神経が優位にできるかどうかは、寝る数時間前の過し方にかかっています。

交感神経は脈拍を上げるもので、副交感神経は脈拍を下げるものです。

つまり、寝る前にドキドキするようなことはしないことです。

先にも書きましたが、TV、スマホ、DVDを観るのは目にブルーライトが入って目を刺激します。

テレビゲームやアクション、ホラー映画も好ましくはありませんし、筋トレも刺激を与えます。

帰宅後、TVなどの視覚系娯楽で過す人が多いと思います。

ただ、寝る直前までゲームをすることは副交感神経の働きの妨げになってしまいます。

視覚情報の処理に人間の脳はその50パーセントを費やしているそうです。

長時間TVやゲームの画面を見続ける行為は、脳の神経を興奮させることになり、脳のリラックスとはまったく反対の状態になってしまいます。

私たちは、日中、パソコンの画面に向かいながら、おおくの視覚的仕事をしています。

家に帰ってからもゲームやTVで視覚刺激をすると脳は疲れきってしまいます。

休息のためにと思ってやっている帰宅後のTV、DVD、スマホ、ゲームなどが実は脳には悪かったのです。

副交感神経を優位にさせる方法について述べます。
1入浴
入浴は筋肉を弛緩させる作用があり、リラックスすることができます。
また、疲労回復、ストレス発散に非常にこうかてきです。
温めの温度(40度)以下で入ります。
高めの温度だと交感神経のスイッチが入ってしまいます。
2軽いストレッチをやる
筋肉がほぐれる程度にとどめてください。
強い運動は交感神経を優位にしてしまいます。
3腹式呼吸
横隔膜を意識して、ゆっくり15秒間くらいかけてゆっくりと息を吸い込みます。
次に、ゆっくりと15秒くらいかけて吐き出します。
これを3分やるとかなり気が楽になります。

仲間 笑顔 大切さ 心理カウンセラー 札幌 カウンセリング  札幌

仲間を持つだけで苦しい気持ちは緩和されます。

それはみなさんも何となくそうだなと感じている方も多いと思います。

親しい仲間から離し、見知らぬ動物同士を一緒に入れて心理的ストレスを観察したという実験があります。

若いサルを新しい環境に1匹置いた場合は、大きなストレスがかかるのに対し、数匹を一緒に入れた場合はストレスがあまり見受けられません。

また、心筋梗塞とうつ病を併発している患者の中で、社会的な支援(ソーシャルサポート)がない人は、ある人に比べて心筋梗塞によって死亡する確率が3~4倍高くなるという研究結果もあるそうです。

「仲間がいる」ただそれだけで、心強さを感じることができます。

ある学者が試験中の女子大学生を調査した結果、友人の少ない女子学生の喫煙量は、友人の多い学生に比べ平均で54パーセント増加していました。

飲酒は、孤独な学生では平均に比べ約20パーセント増加したのに対して、友人と過ごす機会が多い学生では約17パーセント減少したそうです。

このことは、「友人」がストレスの緩和になっていることを示しています。

仲間からの支援が得られる状態は、生物学的にストレスを減らすことは間違いなさそうです。

あなたの「親しい友人」を3人想像してください。

その3人が全て職場の仲間や仕事関係の友人だった場合は要注意です。

会社にリストラされたり、転職した経験のある方は思い当たることがあるかと思います。

毎日のように飲みに行き、日々語り合い当時は「親友」だと思っていた職場の仲間たちから、会社を辞めた途端に電話もメールもラインも来なくなるという現状です。

私も転職してからは、職場の人とは一切連絡していません。

あなたが本当に深い友情を求めて職場の人と「仲間」になっているのであれば、それはすばらしいことです。

しかし、そういう友人に上司と人間関係が上手くいっていないことや、会社を辞めようと思っていることを相談すことができるでしょうか。

恐らくためらうと思います。

他の人の耳に入ったら大変と思うと、職場の友人関係だからこそ相談できないジレンマに陥ります。

職場の友人を否定するわけではありません。

問題なのは、職場にしか友人がいないことです。

職場、学校、地域以外のニュートラルな関係、利害関係が一切ない場で知り合った友達が非常に大切です。

例えば、「趣味のサークル」「習いごと」「スポーツ同好会」などです。

このニュートラルに知り合った友人は気兼ねせずに話をすることができます。

これは大きなメリットですので、ぜひ活用したいところです。

相手の職業や住所がわからない、インターネットであれば匿名ですがそれらが人間関係を薄くさせているかというと、そうではありません。

もし、会社のことを話しても会社の上司に伝わることは絶対にないので、かえって気楽に色々なことを相談できるということもあります。

友人や仲間は一点に集中するのではなく、バラエティに富んでいた方が自由度があり、その方がいいのです。

フェイスブックやツイッターなどSNSを上手に使えば、趣味、興味、出身地など共通点のある人と簡単に出会うことができます。

しかし、苦しい状態になると、誰とも会いたくない、一人でいたいという気持ちが強まります。

人と会うには意外とエネルギーが必要です。

「苦しい」状況に陥ると、そのエネルギーも乏しくなり、人と会いたくなくなってしまうのです。

人と会いたくないときに、無理に会う必要はありません。

相手に変な気を遣ってしまい、余計に疲れてしまいます。

しかし、人と会いたくない状態が長引いてしまうのは好ましいことではありません。

いつの間にか「孤独」に陥ってしまい、「苦しさ」をひとりで背負うことになるからです。

本来なら「話す」「相談する」ことによって解消できる苦しさが対処不能なレベルまで大きくなってしまうこともあります。

孤立、孤独は苦しいの増強要素です。

この状態に陥ると本来の苦しさが何倍も大きくなってしまいます。

ですから、人と会いたくない「苦しい」状態でも人との繋がりを意識する。

友達や仲間に弱音を吐く、話しを聞いてもらうことをこころがけてほしいです。

カウンセリングの目的もここにあります。

一人で悩んでいると不安や苦しさがどんどん大きくなって、うつ病などの精神疾患につばがる恐れがあるからです。

人に話しを聞いてもらう、相談することにより不安や苦しさは軽減されます。

これを上手く活用していただきたいのです。

次に笑うことの重要性について述べます。

先のブログにも書きましたが、「笑う」は神が人間にくれた最高のプレゼントだと思います。

笑えば、気分爽快になります。

逆にしかめっ面をしているとモチベーションはなかなか上がりません。

心理学者ウィリアム・ジェームズは

「楽しいから笑うのではない。笑うから楽しいのだ。」

と言っています。

人間苦しいときは、苦しい表情になります。

そこをあえて笑顔にします。

不思議と明るい気分になってきます。

これは根拠があり、行動が先か、感情が先かということになりますが、心理学の実験で「感情よりも行動が先」であることが判明しました。

脳は、楽しいから笑顔を作ろうとしているわけではなく、「笑顔になったあとに楽しいという感情」が出てきます。

笑顔を作ると3種類の脳内物質が分泌されます。

1つは癒しの脳内物質のセロトニン。
 
セロトニンは顔の表情を作る筋肉も調整しています。

逆に自然な笑顔を作るだけで、セロトニンの分泌は上がります。

2つ目は幸福物質のドーパミンです。

ドーパミンが分泌されると、「楽しい」「幸せな」気持ちになります。

3つ目が脳内麻薬エンドロフィンです。

エンドロフィンはドーパミンの数十倍の幸福ホルモンです。

「感謝」「感動」など幸福感が最高レベルに達します。

さらに、笑顔にはストレスホルモンであるコルチゾールの働きを抑制し、血圧や血糖値も下げます。

感情を抑えるうえで、一番楽で、手っ取り早いのは「笑顔」を作ることをお話ししました。

ある研究によると被験者にある表情を作ってもらったときの、心拍数、体温、肌の電気信号、筋肉の緊張などを機械で測定し、記録しました。

次に「笑顔」「恐怖」「怒り」の3つの表情をしてもらいます。

その後、顔の変化は作らず、心の中で「笑顔」「恐怖」「怒り」の表情を思い出してもらいます。

その結果、笑顔を作ると、わずか10秒で安心しているときと同様な身体的変化が出ました。

安心したときの変化とは、心拍数が低下し、筋肉も弛緩したり、リラックス状態になることです。

つまり「笑顔」の表情を作るだけで、副交感神経(リラックスの神経=夜寝るときに優位になる神経)が優位になったのです。

一方、笑顔を作っているのを心の中で想像するのも同様な観察を得ることができました。

しかし、効果が出るまでに30秒かかったそうです。

実際に表情を出してもらったときは10秒ですから、笑顔を作ることはいかに凄いことかがわかります。

これほど簡単で効果が早く、感情を元に戻す方法はありません。

最強ともいえるでしょう。

しかし、「苦しい」「不安」「緊張」のネガティブな感情に支配されている状態では笑顔を作ることは簡単でありません。

そのためにも、普段から笑顔をつくるトレーニングをすることが重要です。

髭を剃るとき、化粧をするときなど鏡をみるときが毎日あると思いますが、そのときに笑顔をつくってみてください。

毎日、毎日の積み重ねが先ほど述べたセロトニン、ドーパミン、エンドロフィンの脳内三大幸せホルモンの分泌に繋がっていきます。

頭は使えば使うほど良くなる 心理カウンセラー 札幌 カウンセリング 札幌

脳内にシナプス(脳と脳の繋がり)があります。

それが蜜になって脳が作られます。

学生で頭がいい人とそうではない人がいるかと思いますが、幼少期から含めて今日に至るまでどのくらい頭を使ったかという差です。

頭がいい人は勉強する時間を確保しています。

頭がいい人に勝つためには、それ以上勉強しければなりません。

男女の幸せホルモン 心理カウンセラー 札幌 カウンセリング 札幌

仕事からクタクタになって帰ってきた夫。

それに対してコミュニケーションを求める妻。

脳科学的に違いがあります。

男性ホルモンのテストステロンは仕事をすることによって、低下し一人の時間を持つことにより回復します。

女性ホルモンはエストロゲンで、話しを聞いてもらうことにより愛情ホルモンが出ます。

DVカウンセリング 心理カウンセラー 札幌 カウンセリング 札幌

警察時代、DVで何人逮捕したかわからないほどDVは多いです。

DVは初めてして逮捕されるということは皆無です。

間違ったドーパミンの使い方をしているのが原因です。

最初のうちは、口論でドーパミンが出てスッキリするのですが、ドーパミンの性質上次分泌されるためにはより高いハードルを乗り越えなければ分泌されません。

やがてそれが軽い暴力になり、思いっきり叩くようになり、障害、最終的には殺人とエスカレートしていきます。

間違ったドーパミンの使い方 心理カウンセラー 札幌 カウンセリング 札幌

悪口を言う人は悪口を言うことによって、ドーパミンを出します。

しかし、ドーパミンは、次にまた分泌されるには前回よりハードルが高いのを乗り越えなければ分泌されません。

つまり、3回悪口を言ってスッキリした人は4回、5回悪口を言わないとドーパミンが分泌されません。

ついには、四六時中文句の絶えない人になってしまいます。

ドーパミンは本来、何かポジティブな高いハードルを乗り越えたときに分泌され、自己成長・自己満足に使われる物質です。

ポジティブなことをたくさんやり、ドーパミンを出してハッピーになりましょう。

絶対にできないものに労力をかけない 心理カウンセラー 札幌 カウンセリング 札幌

世の中には絶対にできないことがたくさんあります。

でも、それを分かっているけどなかなか忘れることができない人もたくさんいます。

1死別した家族やペット
2過去の失敗
3将来の不安

これらはどんなに悩んでも、後悔しても絶対に解決することができません。

このようなネガティブがネガティブを呼んでいるときは、アドレナリンが分泌され、自分を蝕んでいきます。

「諦め」「受け入れ」が必要です。

できないことを悩むのは取り越し苦労です。
 
できることに労力を使うべきです。

今日を前向きに生きていくことが大切です。

笑うことの大切さ  心理カウンセラー 札幌 カウンセリング 札幌

動物にはできなくて、人間にしかできないとても大きな違いは?と聞かれると一瞬戸惑います。

「笑うこと」「宗教があること」「自殺をすること」などぽつらぽつらと出てきます。

笑う人は、よく怒るひとよりハッピーに生きています。

先のブログにも書きましたが、怒りはアドレナリンが分泌され自分の体を蝕んでいきます。

笑うとセロトニン、ドーパミン、エンドロフィンが分泌されとてもハッピーな気分になります。

日常生活の中でそうそう大笑いできることは少ないかと思います。

そのような場合は笑顔を作るだけでも違います。

先日私は数十年ぶりに「ホームアローン」を借りてきました。

一度観た映画ですが、大爆笑しました。

その後気分が爽快になり、とてもハッピーなひと時を過ごすことができました。

「笑う」のはもしかしたら、神が与えてくれた最高のプレゼントかも知れません

有難く利用させてもらいましょう。