未だに年休をとらない、時間外を多くするのが美徳という会社もあることでしょう。

警察もそうでした。

マラソンランナーがふらふらになって、今にも倒れそうになっているのに「頑張れ!」というのをテレビで観たことがあります。

私なら「もうやめて、大事な体を守って」と言いたいです。

体が資本です。

どんなに優秀でも体を壊してしまったら100パーセントの力を発揮することができません。

脳科学的には、短期間の残業では精神疾患になりませんが、長期となると蓄えていたセロトニンやノルアドレナリンが減少し、枯渇すると精神疾患になります。

やむを得ず頑張らなければならないときこそ、所々で定時退社しましょう。