自己の能力を120%発揮する方法 心理カウンセラー 札幌 カウンセリング 札幌

先にアウトプットの凄まじい力について、書きましたがアウトプットを繰り返すことにより人間は自分の能力より高い能力を出すことができます。

レスリングで「絶対勝つ」「気合いだ、気合いだ、気合いだ」「お前なら必ず勝てる」を連発しているという有名な光景を見たことがあると思います。

本人も同じことを言います(アウトプット)

これは自分の能力を上げる立派なアウトプットです。

受験にも応用できます。

もしかしたら落ちるのではないかという気持ちが強ければ落ちてしまいます。

「絶対受かる」を連発してください。

これには根拠があります。

ポジティブになるとドーパミンが出されて、自己能力を高めるからです。

1自分で絶対に勝つと言い聞かせる
2それを大きな声で言う(アウトプットする)
3第三者からの声援がある

3つそろえば、トリプル効果です。

ノルアドレナリンは成功の邪魔をします。

成功したければ上記を実践し、ドーパミンを出すことです。

上司に認めてもらいたい 心理カウンセラー 札幌 カウンセリング 札幌

職場で働く以上、だれしもが上司に気に入ってもらいたいという願望があります。

いわゆる評価欲求です。

そのために、上司の顔色ばかりを伺いがちですが、そうではありません。

真剣に仕事に励んでいる人は上司の顔色を伺いません。

粛々と自分の信念に従って、仕事を進めていきます。

このような、取り組み姿勢に上司は心を打たれるのです。

ご機嫌取りはその場しのぎで、何らあなたに対する評価は上がりません。

部下が言うことを聞きません 心理カウンセラー 札幌 カウンセリング 札幌

先に書いたとおり、10人いれば10人考え方が違います。

あなたが、いくら親切丁寧に指導しても言うことを聞かない部下がいると思います。

自分を変えることはできますが、他人を変えることは非常に難しく多大な労力を要し、ストレスがたまります。

私が警察官をしていたときには、そのような部下には「放置」をして黙って様子を見ていました。

案の定失敗します。

すると不思議に部下から手のひらを返したかのように「謝罪」があり、言うことを聞いてくれるようになりました。

失敗したことにより、大きな自己成長をしたと思います。

頭ごなしに怒るより、部下の好きなようにやらせてみる・・・上に立つものはドーンと大きく構える必要があると思います。

怒っている人の対処法 心理カウンセラー 札幌 カウンセリング 札幌

不特定多数の人がいる前で大きな声を出して怒っている人を見かけます。

全く醜い光景です。

それは「自分の思い通りにならない「自分が得をしない」という単純な理由です。

もし、100万円あげるといったら、すぐに大人しくなるでしょう。

いわゆるアダルトチルドレンです。

私の経験上、しゃべらないことが大事です。

大抵の場合は、一つのことに対して怒っています。

ですから、相手にしばらくちゃべらさせ、怒りのネタを尽きさせることです。

下手にこちらがしゃべると、余計火がつきます。

落ち着いてきたら、「ゆっくりとしゃべること」です。

人間には「まねをする」という本能があります。

喧嘩をしているときなんかそうです。

お互い超早口です。

ゆっくりとしゃべれば、相手もトーンダウンして少しは冷静になります。

そこから「質問」をしていくことです。

質問されると相手は共感を得たと思い、少し心を開いてくれます。

アウトプットのもの凄い威力・薬物依存は止めませんか? 心理カウンセラー 札幌 カウンセリング 札幌

アウトプットとは、言葉に出して、それを自分の耳で聞く、ノートを用意して自分が思うことを書きてみて客観的に考える手法です。

精神が弱っているときには、頭の中で色々考えても良い考えが浮かばないでネガティブなことばかりを考えてしまします。

私がお勧めしたいのは「ノート療法」です。

ノート(バインダー式は不可)とボールペン(シャープペンシルなど消せるものは不可)を用意します。

今日一日の出来事で、ネガティブに感じたことは左のページに、ポジティブに感じたことを右のページに書いていきます。

それを少なくとも半年間、毎日書きます。

だんだん右に書かれるページが多くなっていていることに気がつきます。

ネガティブよりポジティブな方が多い人はポジティブな人です。

ここまで来たら、病院の先生に相談しましょう。

私の場合はこの段階で投薬治療が終了しました。

脳科学的にみたポジティブとネガティブ 心理カウンセラー 札幌 カウンセリング 札幌

物事を否定的に考えてしまうのは、その人の人格でもなければ性格でもありません。

皆がポジティブに生きることができます。

苦しいときは「アドレナリン」「ノルアドレナリン」「コルチゾール」が分泌されています。

楽しいときは「ドーパミン」「セロトニン「エンドロフィン」が分泌されます。

それらホルモンの影響で感情が左右されます。

苦しいときには楽しいときに分泌されるホルモンを増加させれば良いのです。

1「セロトニン」増やし方
  セロトニンは「癒しのホルモン」で、早朝太陽の光を浴びたり、緑に囲まれた所で過ごすことにより分泌されます。
2 ドーパミン
  何かハードルの高い目標をを乗り越えたときの達成感により分泌されます。
3 エンドロフィン
  ドーパミンの数十倍の効果がある幸せホルモンです。
  残念なことに少々の苦労では分泌されません。
  私は一時間の軽いランニングをしています。
  とても苦しいですが、終わった後の達成感や汗をかくこのと気持ちよさ、その後のシャワーがたまりません。
脳科学的には、苦しいときには以上3つのホルモンを出すしかありません。

うつ病と自殺 心理カウンセラー 札幌 カウンセリング 札幌

警察官として24年も務めると数多くの自殺現場に行きました。

首吊り、飛び降り、水死、焼死など本当に辛い思いをしました。

自殺者は1998年から2011年にかけて約3万人で推移しました。

2012年以降は3万人を割っています。

そのうち約7割以上の方が病院等で治療を受けていないこともわかっています。

「精神科受診」に高いハードルを持っているのでしょうか。

辛いときにはカウンセリングや病院に行くなど処置をとることが非常に大切です。

私がいつも言いますように、人間はネガティブがネガティブを呼ぶという悪循環を持っているからです。

どこかで断たなければなりませんが、この状態だと自力では無理です。

いち早い措置をとることをお勧めします。

ライスワークとライフワーク 心理カウンセラー 札幌 カウンセリング 札幌

どうせ仕事をするならば、楽しんでやりたいものです。

プロ野球で言うなら、イチローや松井など、心の底から野球を愛し、楽しみながら偉大な成果を出したと思います。

しかし、その水面下ではとてつもない苦しみもあったと思います。

大切なのは今やっている仕事が苦しくても、楽しみややりがいがあるかどうかです。

ただ苦しくて、やりがいも感じられないのであれば定年まで耐え、定年後にどう感じるかです。


収入は良いが、その仕事がとても辛く、楽しみもやりがいも感じられない
(収入のためだけに働く=ライスワーク)


収入は多少悪いが、心の底からその仕事を愛し、辛いことがあっても楽しいと感じられる仕事
(人生の糧と捉える=ライフワーク)

私は後者を選びます。
毎日がハッピーだからです。
副業が認められるのであれば、心の底からやってみたいことをやることです。
副業が本業に変わるかも知れません。

いい病院と悪い病院 心理カウンセラー 札幌 カウンセリング 札幌

最初に・・・

病院は30分以内診察と30分以上診察がありまして、両者とも診察料はほとんど変わりません。

3時間診察を受けても、5分の診察であっても診察費用はほとんど変わりません。

つまり、次から次へと終わらしていった方が儲かるのです。

1いい病院
 患者の気持ちを理解し、納得いくまで話しを聞いてくれる病院。
 薬も必要なときに必要な量だけを処方してくれる病院。
2悪い病院
 30分以内診察を連発させて、薬だけに頼らせている病院。
 薬漬けにさせる病院

寝れない方に試してもらいたいこと 心理カウンセラー 札幌 カウンセリング 札幌

1メラトニンを分泌させているかどうか
 眠気を催すメラトニンは朝太陽の光を浴びてから14~16時間後に分泌されます。
 逆算すると夜10時に寝たければ、朝6時から8時に起きて太陽の光を浴びなければなりません。
2寝る前にリラックスしているか
 温めの風呂に入るとリラックスします
3刺激の多いものは避ける
 ブルーライト(TV、DVD、スマホ)
 大音量で音楽を聴く
4部屋は豆電球をつけないで、暗くする

実践してみてください。